第1章 総則

第1条(用語の定義)

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)において使用する用語の意味は、次のとおりとします。

【運営事業者】
株式会社サンライズ(代表事業者)、株式会社創通、株式会社バンダイナムコライブクリエイティブの三社。

【本コンテンツ】
運営事業者が本アプリにおいて提供するデジタルデータ化されたソフトウェア、文書、音楽、映像、画像その他の電磁的記録等を指し、サーバーに蓄積され、または運営事業者のサーバーを介して送受信されるもの全てが該当します。

【本アプリ】
運営事業者が「ガンダムファンクラブ」の名称で提供する電子機器端末向けアプリケーション。

【本サイト】
運営事業者が「ガンダムファンクラブ」の名称でインターネット上にて運営するウェブサイト。(http://www.gundamfc.com/)

【本サービス】
運営事業者が本サイト、本アプリを経由して、無償コンテンツの提供及び有償無償を問わず会員のみ利用できるコンテンツの提供(第10条(ファンクラブ会員向け通知)に定めるプッシュサービスを含み、以下「ファンクラブ会員向けサービス」といいます。)等、本アプリにおいて運営事業者が提供する国内外向けサービス全般。

【サーバー】
コンテンツを蓄積、転送又は送受信等をするための装置

【ファンクラブ会員】
会員向けサービスの提供を受けるための利用登録を行った個人

【ユーザー】
本サイトの会員であるか否かを問わず、本サービスを利用しようとする全ての者

【バンダイナムコID】
バンダイナムコIDサービス(バンダイナムコグループのサービスにおいて共通に利用可能な、会員認証、データ管理、決済、ソーシャルネットワーク、情報配信・集積を主な機能とするサービスをいいます。)において、バンダイナムコIDサービスの会員を識別し管理するための、バンダイナムコIDサービス会員固有のアカウント
≫バンダイナムコID会員規約はこちら

【アカウント情報】
ガンダムファンクラブ会員の個人情報を管理するための固有のアカウントで、ガンダムファンクラブの会員を識別するための情報

第2条(本利用規約の適用範囲)

本利用規約は、本アプリおよび関連するサービス(以下、本サービスといいます。)において利用を行う際の一切の関係に適用され、ユーザーが本サービスの利用を開始した時点で本利用規約に同意したものとみなします。ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、本利用規約を誠実に遵守するものとします。

運営事業者が行う本サイトにおける表示、ファンクラブ会員に対する通知、ユーザーを対象に別途定める規定、ガイドライン及びその他一切の通知事項(以下「通知事項等」といいます。)は、名目、名称の如何にかかわらず、本利用規約の一部を構成するものとします。

本利用規約の定めと前項の通知事項等の定めが異なる場合は、当該通知事項等の定めが優先して適用されるものとします。

第3条(本利用規約の変更)

運営事業者は、ユーザーの了承を得ることなく合理的な範囲にて本利用規約を変更、追加、修正、削除(以下「変更等」といいます。)できるものとし、運営事業者が定める周知期間を経て、本利用規約の変更等の効力発生後、当該変更等をファンクラブ会員の入会時期、ユーザーの利用時期に関わらず、すべてのユーザーに適用するものとし、ユーザーは、予めこれを承諾するものとします。

第4条(著作権の保護)

本サービスにおいて提供される、文字、図形、画像、映像、イラスト、写真、動画、デザイン、ロゴ、音声、その他、認識可能な全ての情報(以下「運営事業者コンテンツ」といいます。)並びに運営事業者コンテンツに関する著作権、著作者人格権、著作隣接権、実演家人格権、商標権、商号を含む全ての知的財産権その他一切の権利は、全て運営事業者又は運営事業者へのコンテンツ提供者その他の第三者が有しており、著作権法その他の法令によって保護されています。

ユーザーは、運営事業者が事前の書面若しくは電子メールによる承諾がない限り、本コンテンツを複製、転載、改変、編集、送信、および本サービスの利用以外の目的で態様の如何を問わず使用すること(以下「無断使用」といいます。)は出来ません。

ユーザーの無断使用により運営事業者又はコンテンツ提供者その他の第三者に損害が生じた場合は、ユーザーはかかる損害を全て賠償するものとします。また、著作権その他の知的財産権の侵害については、刑事罰が科せられる場合があることを予め確認します。

第2章 ファンクラブ会員

第5条(利用登録)

ファンクラブ会員向けサービスの利用登録を行おうとする者(以下「利用登録申込者」といいます。)は、本利用規約及び通知事項等に同意の上、運営事業者が別途定める方法により、ファンクラブ会員向けサービスの利用登録の申込(以下「利用登録申込」といいます。)を行うものとします。

ファンクラブ会員向けサービスの利用に際し、利用登録が必要です。

利用登録後、無料期間等の本サービスの無償利用期間終了後に、継続して本サービス利用を行う際には、別途運営事業者が定めるサービス利用費用の支払いが必要となります。
※無償利用期間中は本サービスの一部を提供していない場合もございます。

第6条(申込みの承諾)

運営事業者は、別途定める方法にて利用登録申込を受け付け、必要な審査・手続等を経た後にファンクラブ会員向けサービスの入会を承認します。

利用登録申込者は、ファンクラブ会員向けサービスの利用登録に際し、利用するプラットフォームにて所定の手続きを行うものとします。また、ファンクラブサービス利用の一部にはバンダイナムコID、アカウント情報の登録が必要となることを予め承諾します。

次の各号に該当する場合には、運営事業者は、その利用登録申込を承諾しない場合があります。

(1) 利用登録申込者が、過去に本利用規約に違反したことがあるとき

(2) 利用登録申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあるとき

(3) 利用登録申込者が制限行為能力者であって、民法に基づく同意権を有する者からファンクラブ会員向けサービスの利用登録に関する事前の同意を得ず、又はその虞があるとき

(4) 利用登録申込者について、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、任意整理の申し立てがなされているとき

(5) 利用登録申込者が、過去にファンクラブ会員資格の停止又は取消処分を受けたことがあるとき

(6) 運営事業者の業務の遂行上又は技術上支障があるとき

(7) 利用登録申込者が、いわゆる反社会的勢力もしくは反社会的活動を行う団体に所属し、またはこれらと密接な関係を有するとき

(8) 前各号の他、利用登録申込を拒否することについて正当な理由があると運営事業者が判断したとき

第7条(権利譲渡の禁止)

ファンクラブ会員は、ファンクラブ会員として有する権利を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等一切の処分行為はできません。

第8条(運営事業者からの通知)

運営事業者からの通知は、本利用規約に別段の定めのある場合を除き、ファンクラブ会員がファンクラブサービスまたはバンダイナムコIDに登録した電子メールアドレス(以下「登録アドレス」といいます。)宛に、電子メール又はその他の通信手段によって行うものとします。

前項の通知を電子メールにより行う場合、事由の如何を問わず、その登録アドレス宛に電子メールを発信したことをもって、ファンクラブ会員への通知は完了したものとみなされます。なお、ファンクラブ会員は、運営事業者の発信する電子メールを遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。

第1項の場合を除いて、運営事業者は、本サイト上における表示、その他運営事業者が適当と判断する方法により、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。

前項の通知は、運営事業者がその通知の内容を本サイト上に表示した時点より効力を発するものとします。

第9条(登録内容の変更)

ファンクラブ会員は、利用登録申込時の内容に変更が生じた場合には、速やかに運営事業者が別途定める方法により変更の届出を行うものとします。

ファンクラブ会員が前項に基づく届出を怠ったことで不利益を被った場合、運営事業者は、事由の如何を問わず、その責めを一切負いません。

第10条(ファンクラブ会員向け通知)

ファンクラブ会員は、本アプリの通知機能を通して、プッシュ通知を送付する場合があることを予め承認します。プッシュ通知の受信設定は、アプリの機能設定にておこなうものとします。

第11条(ファンクラブ会員資格の停止又は取消)

運営事業者は、ファンクラブ会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に何らの通知又は催告することなく、当該ファンクラブ会員についてファンクラブ会員向けサービスの全部又は一部を一時的に停止し、若しくはファンクラブ会員としての資格を取り消すことができるものとします。

(1) 本利用規約及びバンダイナムコID利用規約のいずれかの条項に違反した場合 

(2) 利用登録申込の際の申告事項に事実と異なる内容があることが判明した場合

(3) 選択した決済方法に適用される支払規定に違反した場合

(4) 運営事業者、他のユーザー又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合

(5) 実在又は架空の第三者になりすまして本サービスを利用した場合

(6) 不正目的で本サービスを利用した場合

(7) 次に掲げる内容の情報を、本ウェブサイトの閲覧可能な箇所に投稿した場合

1. 商業用の広告、宣伝又は勧誘を目的とする情報

2. アフィリエイトのリンクを含む情報

3. 無限連鎖講(ネズミ講)、チェーンメール、MLM、リードメール等を勧誘する内容の情報

4. 金融機関等の口座番号を含む投稿

5. アダルトサイト、ワンクリック詐欺サイト、ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト等、運営事業者が不適切と判断するサイトに誘導する情報

6. グロテスクな画像等、他のユーザーが不快に感じる可能性が高いと運営事業者が判断する情報

7. その他、運営事業者が不適切と判断する情報

(8) 理由又は手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(9) 過去にファンクラブ会員資格の停止又は取消処分を受けていることが判明した場合

(10) いわゆる反社会的勢力もしくは反社会的活動を行う団体に所属し、またはこれらと密接な関係を有することが判明した場合

(11)  その他運営事業者が、ファンクラブ会員としてふさわしくないと判断した場合

第3章 サービスの購入

第12条(サービスの購入)

ファンクラブ会員は、運営事業者の定める手続きを行い、第13条(料金)記載の料金を支払った上で有償コンテンツを利用できるものします(以下「サービスの購入」といいます。)。なお、特定のサービスにおいては利用権利を購入できるものとします。

サービスの購入は、月額サービス・年額サービス、個別課金コンテンツより選択することができるものとします。但し、個別課金コンテンツの利用には月額サービス・年額サービスの利用契約を予め締結するものとします。

ユーザーによる本コンテンツ購入手続き後の返金、返品、交換は行いません。ただし、本コンテンツに不具合がある場合はこの限りではありません。

未成年のユーザーが、本サービスの利用やコンテンツの購入を行う場合は、予め法定代理人の同意を得ていなければならないものとします。

第13条(料金)

本サービスの購入の料金は、次の料金表によるものとし、ファンクラブ会員は、第14条(支払方法)に規定する方法で、当該料金を支払うものとします。

プラン料金サービス対象
月額サービス600円/月(消費税込)運営事業者指定のファンクラブ対象コンテンツ
年額サービス10,000円/年(消費税込)運営事業者指定のファンクラブ対象コンテンツ
個別課金コンテンツ1コンテンツにつき設定された金額運営事業者指定のコンテンツ

第14条(支払方法)

ファンクラブ会員は、第13条(料金)記載の料金を、運営事業者が別途定める方法により支払うものとします。

第15条(料金の請求)

ファンクラブ会員が支払うコンテンツの購入の料金は、次の時期に発生するものとします。

(1) 月額サービス
・月額サービス入会日
・自動更新した場合、課金は継続するものとします。

(2) 年額サービス
・年額サービス入会日
・自動更新した場合、課金は継続するものとします。
・月額サービスから年額サービスへ切り替えた場合は、月額サービスの有効期間終了後に年額サービスの料金が発生するものとします。

(3) 個別課金コンテンツ
・コンテンツ毎の購入時

月額サービスおよび年額サービスの利用料について、日割り計算または月割り計算は行いません。ただし、本条第4項第1号に定めるiOS端末の場合は除きます。

月額サービス・年額サービスに入会した場合、理由の如何を問わず、月額サービス・年額サービスの利用契約に基づく利用期間が終了するまでは、利用の有無にかかわらず月額サービス・年額サービスの料金の支払が発生することを予め承諾します。

(1)月額サービスから年額サービスへの切り替えを行った場合の料金の取り扱いは以下の通りとします。

・iOS端末:第16条2項に定める「決済サービス事業者」より月額情報料の差額分が返金されます。

・Android端末:切り替え手続きを行った時点で年額サービス会員となりますが、年額サービスの情報料の支払いは、月額サービス満了後に発生します。

(2)年額サービスから月額サービスへの切り替えを行った場合の料金の取り扱いは以下の通りとします。

・iOS端末、Android端末共通:年額サービス期間満了後に、月額サービスの情報料の支払いが発生します。

月額サービス・年額サービスに入会した場合であっても、月額サービス・年額サービス対象コンテンツ以外の個別課金コンテンツを購入したときは、別途個別課金コンテンツの料金の支払が発生するものとします。

第16条(月額サービス、年額サービスの解約、再入会等)

理由の如何を問わず、月額サービスおよび年額サービスを解約した場合、ファンクラブ会員は、対象コンテンツを利用することができません。
また個別課金で購入されたコンテンツの利用期限が残っている場合でも、月額サービスおよび年額サービスを解約されると、ご利用いただけなくなります。

月額サービスおよび年額サービスの利用料は、以下の各号で定める方法により支払うものとします。

1. 本サービスは、請求・収納代行業務を行うGoogle Inc. または、Apple Inc.の Google PLAYストア、App Store で提供する自動更新の定期購読型課金の機能を利用しております。月額情報料ならびに年額情報料は、上記課金機能での決済手段および支払方法により、請求・収納代行されるものとし(以下、これらの請求・収納代行・課金を行う会社を総称して「決済サービス事業者」といいます。)、ファンクラブ会員はこれを予め承諾するものとします。

2. ファンクラブ会員は、決済サービス事業者との間で別途契約する条件に従い、当該決済サービス事業者に対し月額情報料または年額情報料の支払いを行うものとします。決済サービス事業者との契約条件を遵守しない場合は、本サービスの利用をお断りさせていただく場合があります。

3. 決済サービス事業者が月額情報料または年額情報料の収納代行を行う場合において、支払期日を経過しても当該情報料を支払わなかったときは、当該決済サービス事業者は運営事業者に対し、ファンクラブ会員情報ならびに未払い情報などを通知いたします。この場合、運営事業者が通知を受けた情報をもとに、直接請求させていただく場合があります。

4. ファンクラブ会員は、サービス利用料の支払いに関連して決済サービス事業者との間で生じた紛争を、自己の責任と費用において解決するものとし、運営事業者に何等の迷惑をかけず、かつ損害を与えないものとします。また、運営事業者は、かかる紛争に起因して生じた損害につき、運営事業者の故意又は重過失がない限り、一切の責任を負わないものとします。

5. ファンクラブ会員と決済サービス事業者との間の紛争に起因して運営事業者が損害を被った場合、当該ファンクラブ会員は、かかる損害を運営事業者の求めに応じて賠償するものとします。ただし、運営事業者に故意又は重過失がある場合は、この限りではありません。

6. 本サービスはGoogle Inc. または、Apple Inc.の Google PLAYストア、App Store で提供する自動更新の定期購読型課金の機能を利用しております。ファンクラブ会員ご自身でGoogle PLAYストアまたは、App Storeを通じて自動更新をキャンセルされない限り、課金は継続します。現在の購読期間が終了する24時間前までに、以下の手順に沿って解約を行ってください。なお、解約処理をされても支払い済みの購読期間中は引き続きファンクラブ月額サービスまたは年額サービスをご利用いただけます。購読期間中に解約されても当月の月額料金または当年の年額料金が発生します。


Android端末をお使いの方

(1) Android端末からPlayストアアイコンをタップし、Playストアを開く。

(2) メニューから「定期購入」を選択。

(3) 一覧からアプリを選択。

(4) アプリの「定期購入の管理」画面内の「定期購入を解約」ボタンをタップ。

(5) 確認画面で「定期購入を解約」をタップ。

※パソコンより解約を行う場合はこちらを参照ください。(https://support.google.com/googleplay/answer/7018481?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja&oco=0)

※本アプリをアンインストールしても定期購読は解約されませんのでご注意ください。


iOS端末をお使いの方

(1) 「設定」アプリを開く

(2) ユーザー名をタップする

(3) 「サブスクリプション」をタップする

(4) 解約したいサブスクリプションをタップ

(5) 「サブスクリプションをキャンセルする」をタップします。

※「サブスクリプションをキャンセルする」が表示されない場合は、すでに解約されています (したがって更新されることもありません)。

※パソコンより解約を行う場合はこちらを参照ください。(http://support.apple.com/ja-jp/HT202039)

※本アプリをアンインストールしても定期購読は解約されませんのでご注意ください。

第4章 サービスの利用

第17条(利用方法)

ユーザーは、運営事業者が別途指定する方法に従って本サービスを利用するものとします。

運営事業者は、ユーザーの承諾なく、本サービスの利用方法を変更することがあります。この場合、ユーザーは、利用時期にかかわらず、変更後の方法に従って本サービスを利用するものとします。

第18条(設備等)

ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器及び電機通信サービスを、自己の費用と責任において準備するものとします。
運営事業者は、ユーザーの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。

第19条(利用上の制限)

ユーザーは、利用する通信機器又は電気通信事業者等によっては、本サービスのうち、一部のサービスの利用を制限される場合があることを予め承諾します。

第20条(12歳未満の利用)

ファンクラブ会員向けサービスには、12歳未満(小学生以下)のサービス利用に成人保護者の助言や指導が適当な作品が含まれます。利用登録申込者が12歳未満である場合には、利用登録申込にあたり法定代理人の同意を要し、法定代理人が代行してファンクラブ会員向けサービスの利用登録をするものとします。

第21条(自己責任の原則)

ユーザーは、自らの責任で本サービスを利用するものとし、その行為及び結果について、全責任を負うものとします。

運営事業者は、本サービスの提供にあたり、ユーザーの行為を監視し、又はユーザーの不正な行為に対して何らかの措置を講ずべき義務を負うものではありません。

ユーザーは、本サービスの利用に伴って、第三者から問合せ、クレーム又は請求等を受け、若しくは第三者に対して問合せ、クレーム又は請求等を行う場合は、自己の責任と費用をもって処理解決し、運営事業者に一切の責任は発生しないものとします。

ユーザーは、自らの責めに帰すべき事由により、運営事業者又は第三者に対して損害を与えた場合、その損害を賠償するものとします。

本サービスからリンクを張っている、又は本サービスへリンクを張っている第三者のウェブサイトの内容は、それぞれ各ウェブサイトの責任で管理されるものであり、運営事業者及び本サイトは一切の責任を負わないものとします。

第22条(投稿にあたっての承諾事項)

ユーザーが本サービスに投稿した画像、写真、動画その他あらゆる情報(以下「画像等」といいます。)に関する一切の責任は、投稿したユーザー自身が負うものとします。ユーザーにより投稿された画像等により、第三者が損害を被った場合、運営事業者は一切の責任を負わないものとします。

ユーザーは、第三者の著作物等を利用して画像等の投稿を行う場合、予め、ユーザーの責任と費用負担において、当該著作物等にかかる権利関係を処理するものとします。そして、ユーザーは、本サービスへの当該投稿を行った時点において、運営事業者及び別途運営事業者が指定する運営事業者グループに対し、当該画像等の国内外における複製権、公衆送信権、譲渡権、編集権、翻訳権・翻案権、二次的著作物の利用に関する原著作者の権利等の全ての著作権その他の著作権法上の権利を、無償で、且つ、当該画像の著作権の存続期間満了時まで、利用することを許諾するものとみなします。

ユーザーは、前項の場合に限らず、画像等を投稿するにあたっては、事前に、運営事業者若しくは運営事業者が指定する第三者が利用するのに必要な権利処理(ユーザーから運営事業者に対する前条に基づく利用許諾及び運営事業者から第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含みます。)を全て行った上で投稿するものとし、運営事業者は、投稿された画像等については、上記権利処理がすべてなされているものとみなします。

第23条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、次の各号で定める行為を自ら行い又は第三者に行わせてはなりません。ユーザーがこれらの禁止行為を行った場合、運営事業者は、即時に、運営事業者が必要と判断する範囲内でユーザー情報やユーザーが本サービス上で利用するテキスト、画像、動画ファイル等の全部又は一部の削除、修正、追加を行った上、当該ユーザーの本サービスの全部又は一部の使用の禁止又は制限、リンクの削除若しくはファンクラブ会員向けサービスの退会処分をする場合があります。その場合においてユーザーは、運営事業者に対し何ら異議を申し立てないものとします。

(1) 営利又はその準備を目的とする行為

(2) 他人の権利若しくは法的保護に値する利益を侵害し、又はその虞がある行為

(3) 犯罪行為、脱法行為、社会通念に照らして不適当な行為をし、又はこれらの教唆、幇助を行い、若しくはそれらの虞がある行為

(4) 他人に無断で広告、宣伝又は勧誘を目的として電子メールを送信し、若しくは他人が不愉快に感ずる内容又は態様で電子メールを送信する行為

(5) 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段により第三者の個人情報を収集する行為

(6) 第三者の設備または本サービス用設備(運営事業者が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアを含みます)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為

(7) 法令に基づく監督官庁等への届出、許認可の取得、その他の手続履践を怠り、又は当該法令に違反し、若しくはその虞がある行為

(8) 前各号で定める他、公序良俗、著作権法その他の法令もくしは刑罰法規に違反し、本利用規約及びバンダイナムコID会員規約に違反する行為、またはその他運営事業者が不適切と判断する行為

(9) 本サービスの提供に支障を生じ、又はその虞がある行為

(10) 前各号のいずれかに該当し、又はその虞があるものにリンクを張る行為

(11) その他、運営事業者が本サイト上で別途指定する行為

第5章 運営

第24条(本サービス内容の変更)

運営事業者は、理由の如何を問わず、ユーザーへの事前の通知なく本サービスの内容、名称その他の提供条件を変更・追加・修正・廃止できるものとします。

運営事業者は、理由の如何を問わず、本サービスの変更・追加・修正または廃止によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。

第25条(本サービスの一時停止)

運営事業者は、本サイト、サーバー等のメンテナンスその他必要と判断した場合は、告知なく本サービスの提供を一時停止することができます。

運営事業者は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合は、事前の通知なく本サービスの提供を一時停止することがあります。

(1) サーバー又はその他の設備について保守を実施し又は障害が発生したとき

(2) 火災、停電、地震、噴火、洪水、津波、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議又はその他の不可抗力により本サービスの提供ができなくなったとき

(3) その他、運用上又は技術上の理由から本サービスの提供を一時停止する必要があると運営事業者が判断したとき

運営事業者は、本サービスが継続的に運用されるように努めるものとしますが、それ以上の義務を負うものではありません。従って、運営事業者は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの遅延または停止等が発生したとしても、これに起因するユーザーまたは第三者が被った被害について一切の責任を負わないものとします。

第26条(本サービスの廃止等)

運営事業者は、理由の如何を問わず、本サイト上でユーザーに事前に通知することにより何時でも本サービスの全部又は一部を一時停止、中止、廃止することができます。

第27条(責任制限)

運営事業者は、本サイトに掲載したコンテンツの完全性、正確性、有用性及びその他一切の保証を行いません。

運営事業者は、本利用規約に基づくコンテンツの削除、本サービスの一時停止、変更、追加、修正若しくは廃止、利用契約の変更によりユーザーが被った損害、第三者との間で生じたトラブルに起因してユーザーが被った損害に対して、いかなる責めも負いません。

第6章 個人情報

第28条(個人情報)

運営事業者は、運営事業者が取得したファンクラブ会員の個人情報(以下「個人情報」といいます。)を、運営事業者が別途定める「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。

運営事業者は、個人情報を、本サービスの提供以外の目的のために利用しないとともに、個人識別が可能な状態で第三者に開示、提供しないものとします。但し、以下の場合はこの限りではありません。

(1) 法令により開示が求められる場合

(2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

(3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

(4) 国の機関、地方公共団体または当該機関・団体より委託を受けた者が法令に定める事務を遂行するにあたり、当社が協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

(5) 犯罪捜査のため法律(刑事訴訟法)に基づく正規の手続きを経て、裁判所より捜索差押許可状が発付されたとき

(6) ファンクラブ会員から個人情報の利用に関する同意を得るための電子メールを送付する場合

(7) ファンクラブ会員の同意を得た場合

ユーザーは、自らの個人情報を、本サービスにおいて公開してはなりません。

第2項にかかわらず、運営事業者は、ユーザーの個人情報の属性の集計、分析を行い、ユーザーが識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、運営事業者が、統計資料を業務提携先等に提供することがあります。

5 (個人情報の外部委託)

運営事業者は、機密保持及び個人情報保護に関する契約を交わしたうえで、業務の一部を委託業者(再委託先を含みます)に委託することがあることを予め承諾します。委託業者は、委託業務を遂行するために必要な個人情報に接し、これを利用しますが、その業務以外の目的で利用することは上記契約により禁止されております。

委託に際しては、個人情報の保護水準が、運営事業者が設定する安全対策基準を満たす事業者を選定し、適切な管理、監督を行います。

第7章 その他

第29条(専属的合意管轄裁判所)

本サービスに関連して紛争が発生した場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第30条(準拠法)

本利用規約に関する準拠法は、日本国法とします。

              以  上

附則 本利用規約は、2015年10月1日から施行します。

  2020年3月23日 改訂

株式会社サンライズ
株式会社創通
株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ